2016年7月18日月曜日

珍しく高めのゲーム買ったり

いやね、普段はsteamとかで1000円前後か下手すりゃ500円しないゲームばっかり色々やってるんですけど。コケです。

はい。プレイステーションのアーカイブスとかでも500円ちょいだし、大体2500円超えると買うかどうか考えるんですよ。普段は。
でもちょっと今回は買っちゃいました。
夏のコーエーセールで対象になってた信長の野望 創造WPK(PS3版とPSVita版)と、最近巷で流行りのOverwatch(PC版)。




Overwatchの方は6500円で信長の方はそれぞれ7000円と5000円でした。


信長は今回割と評価も高くて、前々からずっと欲しかったんですがなんせ高かったので手が出せなかったのですが、思い切って買っちゃいました。次セールやるのいつか分かんないし。

前書いたかどうか分かりませんが信長の野望は一応全国版、天翔記、烈風伝、革命がプレイ済みです。未だにスマホの全国版とPSVitaで天翔記は移動中などにやってます。
信長はそんな感じですが、三國志の方をかなりずっぷりやってたりします。

さて創造。いや面白いですね。昨今のコーエー歴史シミュレーションは複雑化の一途を辿ってた感じがしますが、今回はかなりシンプル目になってます。
グラフィックもいいですね。グラだけ進化してんじゃねーよという意見があるくらいだから当然。
今回は三國志9みたいに作戦を予め命令しておいて、進行フェイズのようなもので眺める感じです。でも進行フェイズ(創造では軍議フェイズ)中でも指示ができるので、なんか正当に進化したものになってますね。
まあ色々と進化してるので、その辺りはウチより詳しいところがたくさんあるでしょうからそちらに。

あとエンディングに歌詞が付いたんですね!!これは正直鳥肌立ちました。
こういう普段よく耳にするBGMをアレンジして最後に持ってくる演出大好きなのでびっくりしました。
ペルソナ3でもベルベットルームの曲がラスボス戦でのBGMになっててかなり燃えたのでこれには本当によくやったコーエーって感じです。

まあ信長の野望はシリーズ物なのでこんな感じでいつも通り楽しんでおります。


問題はOverwatchですよ。これも世間ではずっと流行ってたんですけど、今更購入してやってみました。

アカンやつやこれ。

時間がどんどん吸われていくのが分かるのにやめられないこの感じ。
SteamでTeam Fortress一時期ずっとやってたからこれ絶対ダメだと思ってたのにやっぱりダメでした。やめられない止まらない。
これも説明はよそに任せますが、簡単に言うとキャラクターが何人か居てそれぞれ特殊な能力を持ってたり性能が違ったりするのですが、その中から自分は一人選択して6vs6でFPSをやります。
FPSと言ってもそんなにシビアなものでもなく、カジュアルに楽しめる内容になっております。
各キャラの性能がかなりピーキーに仕上がってるので、どのキャラを選んでも役割があってマッチ内で活躍できます。
まあ簡単に言うとMOBAをFPSでやる感じです。
でもMOBAみたいにショップとか無いし、レベルアップもないです。要はDotaやらLoLを簡略化した上で少しルールを変えてFPSに落とし込んだゲーム。そら面白いわ。

Dota2を散々徹夜でやってる自分としては、軍団指揮をしなくても良いので徹夜明け頭痛くなるみたいなことがなくていいですね。
あと一試合短ければ数分で終わるので、MOBAみたいに一試合に一時間とかかからなくてサクっと終わるのでとても良いです。(プレイ時間が短くなるとは言ってない)

気になったら動画でも見てみるといいんじゃないかな。そして買うといいよ。時間といくらかの資金を生け贄に、燃える戦いが君を待ち受けている。

本当は色々とキャラの感想とかやりたいんですけど、まだそこまでやってないので。
とりあえず戦績のスクショだけ置いて本日はここまで。
夏季休暇にもう一回くらい更新できたらいいな・・・



0 件のコメント:

コメントを投稿